Deweyカンジの枝葉末節

御所南のDeweyです。こちらでは脳内にある、お店フィルターにかける前のお話をしようと思います。

お久しぶりでございます、、、。

こんばんは。

 

すっかりコチラの更新を怠っておりました。

ここに訪れる皆様はボクの理解者だと勝手に思ってますので、少々間が空いてもお許しいただけると慢心しております笑。

とはいえもうちょっとマシには更新したいので、、、少なくとも週1以上とこの場を借りて宣言させていただいて於きます。年末年始等は許してくださいね、と保険も打っときます笑。

 

サボってる間に、コレ書こうかな〜アレ書こうかな〜と思い巡らせたりはしていたのですが、、まあ覚えてないですよね、そういうの。ちゃんとメモっとかないと、そのためのRHODIAの在庫なのに、、皆様も忘れないように是非ロディアを!!笑。

そんなこんなで2ヶ月ぶりの投稿なのですが、最近来シーズンの展示会もひと段落し始めたり、数日前に某関西情報誌の特集取材を終えたり、自分の&Deweyの立ち位置をちょっと考えるタイミングでもありました。

 

f:id:bridge_middle_works:20210408163800j:plain

やっぱ、、、ファッションって苦手だなあと、改めて思います。"ファッショナブル"って、単純な表現をすれば、違うシャツを2こ1につなげた奇抜さであったり・極端に細かったり太かったり、要は一見して特別でなければならないわけですよね。そんな極端でなくても、そのエッセンスを元にした流行りであったり著名な人々が良いと言ってるものを信じたりしなければ進めない。若ければ良いけれど、しんどいですよね。

中学生の娘と洋服の話になると当にソレ、みんながラインパンツをはいてるから・半年前のはもう古い等々、ある意味正解なのですが別の(ぼくの)意味では不正解。人と同じ(流行ってる)洋服を選ぶということは没個性、ということは流行ってない服を着るべき、でもそれだと時代遅れやダサくなる。こりゃあ難題であります笑。

アパレル界隈の人と話をすると、、まあ商売なので当たり前なのですが、なんだかんだ言いながら、どこが売れてる・あそこが調子悪い・ここを追っかけるのはどうかと思う、大体そんな話。そんな時ぼくは徐々に口数が減りフェイドアウトします笑。アパレル界に属しながら、正直なところ情報収集を怠ってます、これは客観的に見て正しくないです。その匂いの嗅ぎ分けが自店の隆盛に影響を及ぼすはずですから。そこで会話のターンが回ってくると、ボクは〜しか出来ないのでなんとなくやってます、てへぺろ、そんな感じでしらけさせてしまいます笑。

よく謙遜でしょなんて言われるんですが、ファッション苦手なんです。感覚的には身嗜みを売ってる、そう言うのがしっくりきます。毎シーズン買い物をしてもらわないとならないのですが、商品を選ぶ時にどうしても3年着られるか?を考えてしまいます。"定番"という言葉をボクはよく使いますが、その中でもサイクルはあります。例えばTシャツ、5年前ならもう少しフィット感のある物を選んでましたが、ここ数年はちょっとゆるめ。存在の立場は定番ですが、定番は定番なりにうごめいてます。その嗅ぎ分けはボクの仕事、それを皆さんに負荷のかからないように勧めているつもりです。

ベターのご説明で、"大人の消耗品として考えたら、元々ペラペラの1500円のTシャツを毎年買うならば、5000円のしっかりしたTシャツを3年着て交換した方が気分良いでしょ?"というパターンで話します。実際コレは自分の体感、2年くらいはメインのトップスとして着て、そのあとはダメになるまで家着orインナー、そんな風に着ています。そうすると毎年少しずつ調達すれば、安定消費出来て丁度良いのです。なので自信満々で年がら年中同じモノをオススメしています笑。Pt.Alfredだってそう、同じ形の同じ色を数年後に買う人が多いワケです。春にこの色買ったし秋はこの色、そんなパターンもそう、自分に合うものが分かれば快適だし、同じモノを使い続けると物の良し悪しの判別も出来る。

 

ご飯と味噌汁と香の物は変わらず、おかずは納豆だけの時もあるし焼き魚や肉料理の時もある、ご飯をかやくごはんにして蕎麦を食べたい時もあるし、鯛茶漬けとあと2品でキュッと酒を飲みたい時もある。ご飯に飽きた時はパスタでも。

タピオカはもう古い、チーズダッカルビの次は何?、それってさっきの自分を否定してませんか?

 

あ、、これで説明がついた。そうなんです、昨日の自分を否定したくないので、自店のあり方だけを見ております笑。ご飯味噌汁お漬物は常にメインで用意しておくので、それに合わせておかずを作るので選んでくださいね、そういう感覚です。

 

あ、、、社員食堂ですねソレ、Deweyのコンセプトは社員食堂で決定しました。飽きたらたまに百貨店の上のレストラン街に行ってください、でもなんだかんだ言って社員食堂が落ち着くでしょ?社員食堂が最先端を行き続ける必要はありません、でも多少はその時のエッセンスも欲しい、そのさじ加減が心地よい。

 

やっぱうちの社員食堂は安定感ある、そう言ってもらえるように頑張ります笑。

 

は〜、スッキリした笑。

 

それではまた次回。