Deweyカンジの枝葉末節

御所南のDeweyです。こちらでは脳内にある、お店フィルターにかける前のお話をしようと思います。

出自を明らめる。

こんばんは。

 

今朝入浴後に着替えた自分を見ると、白のTシャツ・ベージュのチノ・Gショックという出立ち。昼間のインスタに載っけたまんまです、靴をはくとそれなりになるのですが家の中だと何だか無味無臭、、、靴の偉大さよ笑。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Dewey (@deweykyoto)

www.instagram.com

 

まあいつもの事なのですが、時折客観的に自分を顧みると「ん?普通・・・」となります、冗談半分ではありますが、相方に「Deweyに来てくれる皆さん、まあよくこんな普通のおっさんの言うこと聞いてくれるよね。」と言ってます笑。

Deweyの持ち味と申しますが、コンセプト的な意味合いではそれで然るべきなのですが、たまになんだこのおっさんと思ってしまいます笑。

 なんて言いながら控えめなスタンスを装っておりますが笑、もちろん正直なところこれで良いと思っております。これでの"で"、"が"じゃなくて"で"、"が"だと頑張りすぎて肩がイカってしまいますので、余裕の表情で"で"を使うべきなのです。

いわゆる"普通"のモノだけで体裁を整えるには、サイズ選び・色合わせ・パンツの裾の具合や小物遣い等々が重要ではあるのですが、それよりもその洋服のルーツとか自分が好きな理由とか、そういう胸襟の内で密かに持つものが重要なのかも知れません。

 

そこでTシャツやチノの話になると当事者の談が過ぎて少々グロテスクになりますので笑、今日現在のDeweyでは取り扱っていない黒靴を例に話してみようと思います、丁度インスタでも触れたことですし、ボクの場合の基本の黒靴。

 

黒靴、黒い革の短靴ですね。コレは男性にとっては必須アイテム、昨今は女性でもその傾向が見られますね、実際ボクの相方もそうです。何故かと言う理由、それは賢明な読者の皆さまならばお分かりでしょうし、ボク自身もおりに触れ申し上げてる通りです。

で、その黒い革の短靴。どういうことを言いたいのかと申しますと、高価であれば立派と言うわけでもないですし、もちろん安けりゃダメでも無い。自分の好きなスタイルと生活でどう選ぶかと言うことですね。

 ではDeweyのようにTシャツやB.Dシャツとチノを合わせるのがベースのスタイリングの場合。ダブルソールで外羽根の物であれば何でもよろしいと思います。基本的には米英のブランド、仏ならばパラブーツやウエストンあたりのフォルム、要は尖ってないということ。Tシャツ&チノパンということはアメトラの基本ですので、自ずとシャープなイタリア(日本のブランドでもイタリアのデザイン)の靴は履かない、ルーツを理解すれば選択を誤らないわけです。

そして雑に履かれたオールデンよりも、手入れをされたリーガルの方がよっぽど格好良い、要するに身嗜みです。インスタに映り込んでるクロケットのフルブローグのカントリーシューズですが、20年弱は履いてると思います、一応手入れをしつつキープしてますので、ちゃんとしてると言って良いですよね笑。

 

ここまではルール。

 

そして好きなスタイル。ボクの場合でお話しすると、フルブローグを自分の軸でしキープようと思います。コレは理由とかではなく好きなだけ、好きが理由。昨今の流れだとポストマンシューズやUチップの方が主流となってます、もちろん好きですし履きますが、自分の軸はあくまでもフルブローグ、コレは続けてきた(続いてしまった)ことなのでブレる必要がない。ルールの中での遊び、その味付けが自分の"らしさ"につながると思います。逆に言えばブレなくて済むわけです笑。

 

 

 

f:id:bridge_middle_works:20210509155635j:plain

何故これを選んでるのか?好ましく思った理由は?、こういうのを自分なりに分析できるとブレが少なくなるのでしょうね(とはいえブレずにガチガチだと余裕が無くなリますので、たまにはブレて自分のベースを再確認することも大切ですが笑)。モノの出どころを知るというのは、そのモノに近づく大切な行為だと思います。

そうなってくると一見なんの特徴のないスタイルでも何故かまとまって見える、自照した結果のサイズチョイスやディティールのなせる技なのかも知れません。

 

例えば凄腕のギタリスト、中1の頃街の楽器屋で1万円のギターを初めて買い、そこからギター三昧で何百本のギターを弾いて来た、ビンテージのマーチンやギブソンも多数。そんな彼がその辺に転がってるギターを爪弾くと、なんとも素敵な音を奏でる。

自信を凄腕のギタリストに並べるつもりはございませんが、ボクらは洋服に対して私財を注ぎ込み笑、色んな遠回りをしながら正解を探す旅を続けてますので、皆さんにショートカットの方法をお裾分け出来るのです。

 

なので、、身だしなみを整えるという洋服の付き合い方を求めている皆さんは安心してボクの言う事を聞いてください笑、たまに「全身白を着ろ!!」とか言っても、それも身だしなみの範疇です笑。

 "身だしなみ"を何度か唱えましたので、ちょっと気になってタブを合わせて待ってみたのですが、

 

f:id:bridge_middle_works:20210509155421p:plain

こんな大それた意味合いが"身嗜み"に含まれてます、もはや人間性を問われてますね。

 

・・・・・・・もうボクの言うことは聞かないでください笑笑。

 

それではまた次回。